Uncategorized

カジノレストランの再開を発表

Spread the love

人気No1VeraJohnオンラインカジノを知りつくしたベラジョンマニア(http://verajohn-mania.com/)ならではの実践版

コロナウィルスのパンデミックはすべての主要産業に影響を与えましたが、おそらくカジノレストランと食品サービス業界ほど打撃の大きかったところはないでしょう。この公衆衛生上の危機によって、失業率の急増やカジノレストランの閉鎖令など、一時的な影響が引き起こされたことは明らかですが、一方で長期的な影響はまだそこまで明らかになってはいません。

困窮している国もありますが、誰もがこの不運な状況に精一杯取り組んでいます。ゲーミングの規制機関は、カジノのレストランは規制を設けながらも再開が認められることを発表しました。もしそれが事実だとしたら、カジノでの食事の外観や雰囲気はどのようなものになるのでしょうか?規制のもとでカジノレストランや食品業界の営業がどのような状態で再開されるのかについては、現在も論議が続いています。今回は、その問いに対する答えにつながるようなポイントをいくつかお話しします。

メニューが再考案・再構成される

新型コロナウイルスが終息した後も波及効果が長く続いていますが、カジノはそのような状況に適応し、変遷しようとしています。その一つがメニューへの様々な変更です。例えば、料理を取り分けて提供するという方法が、多くのカジノでは廃止される可能性があるという点です。パンデミックの脅威が終息しても、人々が料理の取り分けを好まないのではないかと推測されているからです。

次に、お持ち帰りができる家族向けの食事セットがより人気となり、テイクアウトや宅配のニーズが増えると予測されている点です。自宅で家族と一緒に食事を摂り、いろんなものを少しずつ食べるのを好む人たちにとっては、予算も抑えられるオプションです。

レストラン経営者やカジノのレストランも、食べるものを顧客が決めやすくなると注文プロセスを簡素化できるため、種類の少ないメニューに傾いていく可能性があります。メニューの種類が少ないと、カジノレストランのオーナーはメニューを吟味してまとめることができ、複数の料理に同じ材料を使うなど、食品の無駄をなくして在庫を最小限にすることができます。

座席配置が変更され、テーブル間の幅が大きくなる

健康と安全のための規制事項は、スペースに最大限の座席を埋めて収益をあげようとしていたカジノレストランにとって、極めて大きな不利益につながります。パンデミック中、人々は他人と近接して座ることに抵抗を感じるようになりましたが、屋内についてはなおさらでしょう。その結果、ソーシャルディスタンスを取ることが普通となり、この先も長くそれが続く可能性があります。そこでカジノレストランは、テーブルとテーブルの間に最小限の安全な距離を保ち続けなければなりません。

このことによって、一人でさっさと食べようとしている人は、自分一人でテーブルを占領しづらくなるでしょう。また、カジノレストランは将来的に、厨房が見えるカウンター用のスペースを作らないといけなくなるかもしれません。自分の食べ物が目の前で調理されている様子が見えるほうが、ゲストに安全と感じてもらえるからです。

他者との接触を最小限にするテクノロジーの貢献

最近は、カジノレストランが掲げる目標の中に、ゲスト同士、あるいは従業員とゲスト間の接触を最小限にすることが挙げられることが多くなっていますが、これは最新鋭のテクノロジーをレストランに導入することで実現できるでしょう。カジノレストランは、一度テクノロジーを利用し始めると、以前の方法に戻れなくなるでしょう。すぐに取り入れられる最もシンプルな形態の技術には、非接触型の決済があります。ゲストが食事の宅配を注文する際にオンラインで決済するか、非接触型カードやサービスを使って決済する方法です。

さらにメニューもデジタル化されていくでしょう。多くのレストランでは、 QRコードを テーブル席でスキャンするとメニューが表示するという技術を使っています。この方法はウェイターを介することなく注文を済ませることができる安全かつ効果的な方法です。また、今すぐ実現とは行きませんが長期的にはおそらく可能となるであろうアイデアには、非接触型エレベーターや、入店から退店まで誰にも接触することのない外食体験などが挙げられます。

カジノレストランに新しいテクノロジーを統合させる取り組みが、カジノ及び食品業界の未来にとって非常に大きな部分を占めるということは間違いありません。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x